Close
Close
Close
  1. さくさのネットワーク技術といすゞの株
  2. 小松製作所と月島機械のここ数年の株価推移
  3. (株)アルバックの真空設備の提供
  4. 株の利益をギリアド・サイエンシズに再投資するなら
  5. SMBCの株と指標について
  6. 配当金の多い株を選んで買う
  7. 使える資金の中で株式会社を選ぶ
Close

Archive for the ‘ 未分類 ’ Category

さくさは情報通信関連のネットワーク事業を積極的に展開している企業です。セキュリティ機器にも力を入れていますし、画像の技術を融合させたシステムなどを展開しています。連結事業としてはネットワークソリューション、セキュリティソリューションがそれぞ…

1921年設立の小松製作所は、建設機械で世界第2位の会社です。東京都港区に本社を置き、東証1部に上場している企業です。ではここで、小松製作所の過去数年の株価推移に注目してみましょう。2014年の初めごろ、小松製作所の株価は2,000円をいく…

真空技術は、世界の半導体やフラットパネルディスプレイ等の基幹産業を支える技術となっており、現代社会においては不可欠な存在だと言えます。(株)アルバックは小型真空ポンプを始めとする小型真空機器の専門メーカーとして、様々な分野において実績を残し…

株で上手く利益を出すことができ、今度は日本国外の銘柄に再投資してみようと世界第二位の大手バイオ製薬会社ギリアド・サイエンシズに目をつけた人は本当にそれが一番いいのかということを再確認してみましょう。日本国内の株はすべてやり尽くして、負ける…

SMBCは三井住友銀行です。三井銀行と住友銀行が合併してできた銀行で、日本では最大級の銀行となっていて、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行と並んでメガバンクと呼ばれています。株として取引ができるのは三井住友フィナンシャルグループです。三井住友フ…

株式投資は売買益で運用する方法もありますが、配当金の多い株を購入して、利益を得る方法もあります。企業の株主還元に対する考え方は大きく分けて3つあります。一つ目は企業の業績を伸ばすことによって、株価を上げることを株主還元と考える方法です。一般…

株式投資を行う際には、どのような銘柄を選ぶのかがポイントになります。多くの人が注目するのは、値動きが大きな大型株です。けれども基本としては、使える資金の中で購入できる株価となるような株式会社を選ぶことが大切です。値動きが大きいからといって必…

Return Top